ほうれい線の原因

ほうれい線のできやすい骨格とは?

更新日:

 

ほうれい線ができる原因は、表情筋の衰えや肌の老化だけではありません。実は「骨格」もほうれい線と関係していて、20代の若い人でもほうれい線ができてしまう人もいます。もともとほうれい線のできやすい骨格だからといって諦めるのではなく、正しいケアを行っていくことで、予防・改善していくことが大切です。

 

354019

 

ほうれい線のできやすい骨格とは

骨格といってももともとの顔の骨格だけでなく、日頃の姿勢などによる骨格の歪みも関係しています。まずはその原因を挙げていきます。

 

顔の骨格

顔の骨格の中でも丸顔の人はほうれい線ができやすいとされています。むくみはほうれい線の原因となりますし、丸顔の場合は頬についた肉がたれてしまうことでほうれい線ができやすくなってしまいます。

 

>>丸顔によるほうれい線対策はこちら

 

また、頬骨が高く、面長であごが細い場合にもほうれい線ができやすいとされています。

 

>>頬骨が高い場合のほうれい線対策はこちら

 

次に、歯も関係していることがあります。いわゆる出っ歯の場合や、かみ合わせが悪いとほうれい線につながることがあり、歯列矯正で変化することもありますが、普段から噛みぐせに注意しておくことも必要です。

 

>>出っ歯による場合のほうれい線についてはこちら

 

骨格の歪み

普段の生活のしかたによって、骨格が歪んできてしまうことがあります。片方だけで噛んでしまう癖や、悪い姿勢が原因となり、骨格が歪み、左右非対称なほうれい線ができてしまうことがあります。

 

>>悪い姿勢が原因のほうれい線対策はこちら

対策は?

骨格が歪まないように

対策としてはまず、生活の中で骨格が歪まないように注意することが大切です。歯を均等に使わずに食事をする、頬杖をつく、荷物を体の片方だけで持つ、座るときに猫背になったり、脚を組んだりする、といったことにならないように気をつけることで歪みを予防していきましょう。

 

スキンケア

外側からのケアも重要で、もともとほうれい線ができやすい骨格の場合は特に、肌が乾燥しないように保湿ケアに気をつけたり、頬がたるまないように肌の弾力をキープするためのスキンケアを継続して行っていきましょう。

まとめ

以上がほうれい線のできやすい骨格となります。もともとの骨格や生活習慣による骨格の歪みが原因となっていることがあります。ほうれい線ができやすい骨格の人でもほうれい線が目立たない人はいます。適切なケアをして、対策していくことでほうれい線レス肌を目指していきましょう。

 

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.