ほうれい線Q&A

出っ歯を矯正したらほうれい線が消える?それとも悪化?

更新日:

 

ほうれい線は骨格や顔の歪みなどにも関係しています。つまり、出っ歯はほうれい線にも影響があることがあります。様々な口コミを見ていると、「出っ歯を治したらほうれい線が消えた」という意見や「出っ歯を矯正することによってほうれい線ができてしまった」などの正反対の声があります。実際のところはどうなるのでしょうか?ここでは、それについて解説していきます。

 

9bc931cce075bb900c2fd2e09a9a0a5a_s

 

出っ歯を矯正するとほうれい線はどうなる?

ほうれい線がキレイになるケース

出っ歯を治すことによってほうれい線がキレイになったという声は意外と多く、歯が出ているということ(過蓋咬合)で口が前に出ている状態の場合、ほうれい線のように見えてしまうことがあります。これは、一般的な肌のハリが失われたり、顔のたるみが原因でできるほうれい線とは根本的に違うことがあります。つまり、歯の状態を改善することによってシワがなくなり、見違えるように若返ったというケースがあるのです。

ほうれい線が悪化するケース

それとは逆に、出っ歯の矯正により、ほうれい線ができてしまう、またはより深くなってしまうという可能性もゼロではありません。特に矯正の過程で抜歯を行う場合、皮膚の余りでたるみができてしまいほうれい線となってしまうことがあります。

 

また、他に考えられる理由としては、矯正装置を使うことで、食べ物を噛む時のバランスが悪くなり、筋力のバランスが左右で差が生まれることによってほうれい線ができやすくなってしまいます。ただ、これに関しては、矯正中に咀嚼のバランスに気をつけていれば大きな問題にはなりません。

ではどうやって判断すればいいのか?

ほうれい線がよくなるケースも悪くなるケースもあるため、迷ってしまう人も少なくないと思います。一般的には歯のかみ合わせが良くなるとほうれい線は目立たなくなると言われています。ただ、歯の矯正に関しては後悔してしまったという人もいるのが事実です。もし、矯正を考えているようであれば、経験豊富な矯正歯科医に相談し、慎重に決めることが大切です。十分に診断を受けた上で、ほうれい線の改善の余地があるかどうかを判断してもらうようにしましょう。

 

また、今すでにほうれい線が気になるという人は、出っ歯を治しても、治さなくても加齢によってほうれい線が深くなってしまう可能性があります。ほうれい線をできるだけ目立たなくするためにも、日頃の肌ケアを怠らないことが重要です。

まとめ

以上が出っ歯とほうれい線の関係になります。治すか治さないかは、矯正歯科医院の先生とよく相談した上で判断されることをおすすめします。そして、枯れ肌になってしまわないようにきちんとエイジングケアをすることも忘れないようにしましょう。

 

-ほうれい線Q&A

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.