ほうれい線の原因

疲れるとほうれい線が目立ってしまう!改善策は?

更新日:

 

疲れるとまたたくまにほうれい線が気になってきてしまうってことよくありませんか?仕事でお疲れモードな上に、さらに鏡を見てほうれい線が深くなっているとテンションは最悪ですよね。疲れは肌にとっては大敵ですが、だからといって疲れない生活を送るのは難しいです。そこで、きちんとケアしてあげることが大切なのです。

 

251765

 

なぜ疲れるとほうれい線が?

顔や首の疲れ

パソコンを使った仕事などでずっと働いていると、表情筋は使われないので、こわばって凝り固まってしまう状態となります。そうなると表情筋は縮んでしまって、結果としてほうれい線が目立ってしまうようになります。

 

また、デスクワークで肩や首、目が凝ってしまうことも問題です。特に最近ではスマホを使うことが多くなってきているので、うつむく感じの体勢となり、さらに首が凝りやすくなってしまいます。

 

夕方のほうれい線

とくに夕方になるとほうれい線が目立ってきてしまうという場合は、肌の乾燥や顔のむくみが原因となっていることがあるので、夕方には夕方の対処をする必要があります。

 

>>夕方のほうれい線の対処法はこちら

 

精神的な疲れ

顔の疲れだけでなく、精神的な疲れもほうれい線にとっては良くない影響を与えてしまいます。活性酸素や自律神経の乱れなどで顔が老けやすくなってしまうのです。ストレス社会ですが、上手く解消してストレスと上手に付き合っていかなければいけません。

 

>>ストレスによるほうれい線対策はこちら

疲れによるほうれい線の改善法

肌の弾力を回復させてあげるスキンケアももちろん大事ですが、疲れによるほうれい線を改善するには、半身浴や表情筋のトレーニング、ストレッチなどをして、リンパの流れをよくしてあげることも大切です。

 

簡単にできるストレッチとしては、両耳を上下や外側などいろんな方向に引っ張ったりぐるぐる回したりします。これによって、リンパの流れが良くなり固くなった首が緩んだり、ツボが刺激されて、肌の新陳代謝がよくなることで、シワやほうれい線には効果的なのです。

※ただし、痛く感じるまで力を入れすぎないように注意しましょう。

まとめ

以上のように、一日中のデスクワークなどで疲れがたまり、表情の変化があまりないという人はほうれい線などに要注意です。できるだけ、顔の筋肉を使うようにし、日ごろからストレッチを習慣にしていくようにしましょう。そして、コラーゲンを増やすための外側からのスキンケアも忘れてはいけません。

 

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.