ほうれい線の原因

ほうれい線はストレスが原因!?その対策とは

更新日:

 

ほうれい線の主な原因として肌の老化があります。つまり、ストレスによって肌が老化してしまい、結果としてほうれい線ができてしまったり、悪化してしまうことになります。ここでは、そんなストレスによるほうれい線の原因と対策についてお話しします。

 

3e029957929dd98d7c9353742c82d19f_s

 

なぜストレスでほうれい線が?

活性酸素で肌を老けさせる

人はストレスを感じると、体の中で活性酸素というものを作り出してしまいます。これはタバコを吸った時などに発生するもので、酸化して老化を促進してしまうまさに美の大敵のような存在です。この活性酸素がビタミンCを破壊して、肌がたるみやすくなることでほうれい線やシワの原因となるのです。

 

自律神経が乱れる

悩みやプレッシャーなどの精神的なストレスによって自律神経が乱れてしまいます。これによって、ホルモンバランスが乱れてしまったり、肌のターンオーバーが乱れてしまうことで肌のトラブルが起こってしまいます。人によっては大人ニキビに悩まされる人もいます。

対策

ストレスが原因のほうれい線の対策はもちろんストレス解消です。でも、そんなに簡単にストレスが解消できたら誰も苦労しませんよね。現代社会においてストレスの全くない生活を送るなどムチャな話です。でも、そう言っていては始まらないので、ちょっとでもうまく緩和して、ストレスとうまく付き合っていくことが大事なのです。

自分なりの解消法

今の時代、「ストレス解消法」について調べれば、いくらでも情報を見つけることができます。まずは、自分なりのストレス解消法を持っておくようにしましょう。リラクゼーション音楽を聴く、アロマの香りで癒される、好きなお笑いを見る、カラオケ、ハーブティーを飲む、友達とおしゃべり、自分の好きな趣味に没頭する、などなど挙げればキリがないほどの解消法があります。

 

bsNKJ52_karaokeutauonnanoko

 

生活習慣を見直す

不規則な生活も自律神経を乱してしまいます。忙しい日もあるでしょうが、できるだけ睡眠をとって規則正しい生活・食事を意識することも大事です。本格的にはじめる必要はありませんが、たまには、適度な運動やヨガなどで体を動かすのもいいでしょう。

 

栄養面では

ストレスによって消費するのはビタミンCだけでなく、ビタミンB類やカルシウム、マグネシウムも消耗します。食事では、ビタミンB類やカルシウムなどを意識して取るようにすると精神的な緊張やイライラを和らげることができます。

まとめ

こ以上のように、ストレスは健康的に良くないだけでなく、ほうれい線などの肌の老化も引き起こしてしまいます。ストレスを感じないようにすることは難しくても、ストレスを溜めないようにする方法はたくさんあります。自分なりの解消法を見つけて、ストレスをできるだけ発散することと、エイジングケアのためのスキンケアを行っていくことでほうれい線のない肌を目指していきましょう。

 

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.