ほうれい線の原因

ほうれい線の原因は乾燥から!具体的な対策とは?

更新日:

 

ほうれい線ができてしまうのは、肌の老化だけでなく、肌の乾燥が原因となることがあります。乾燥によって浅いほうれい線や小ジワができてしまったりします。ほうれい線だけでなく、エイジングエアとして保湿は必要不可欠です。ここでは、ほうれい線を対策するための保湿についてご紹介していきます。

 

cc9e8e36fc63c17322349b01d081b068_s

 

なぜ乾燥するとほうれい線になるのか?

まず、肌の水分が失われ、肌が乾燥すると、ハリや弾力が失われてしまいます。その結果、顔がたるんでしまい、ほうれい線となります。特に口元は顔の中でも乾燥しやすい部分でもあります。紫外線なども、肌のバリア機能を低下してしまうのでUV対策も忘れてはいけません。

対策

スキンケア

当たり前ですが、乾燥の対策は保湿がやっぱり一番大事です。ニベアみたいに油で肌をフタをすることでもたしかに水分量を減らすことはできますが、肌本来のバリア機能を上げてくれるセラミドやヒアルロン酸配合の化粧水やクリームなどのコスメを使うことが大切なのです。また、肌の老化の原因はコーラゲンが減少することでおこります。なので、コラーゲンをもっと作り出してくれるような化粧品がおすすめです。

 

また、洗顔は洗浄力の強い石鹸を使ったり、ゴシゴシと強くこすってしまうと乾燥が悪化してしまうので、洗顔の泡でそっと洗うようにしましょう。

 

シートパックなどを使うのもプラスαのスキンケアとしては有効ですが、長時間つけすぎると逆に乾燥が悪化してしまいます。使用時間を守って、パックが終わったら、セラミドなどが含まれる美容液で整えてあげましょう。

 

7e478a07e207e21325b009913fe85b38_s

 

※ただし、セラミドはドリンクなど口から入れても腸で分解されているので実は肌には効果ありません。セラミドはかならずスキンケアで外側から入れるようにしましょう。

加湿器

空気の乾燥を防ぐために加湿器などがありますよね。正直、加湿器を使ったからといって、肌が潤うというものではありません。でも、冬などパリパリに乾燥した空気から肌を守ることはできます。なので、加湿器に頼り切りではなく、乾燥する季節に少しでも空気をよくするために使うという感じで使いましょう。

まとめ

以上が乾燥によるほうれい線の原因と対策となります。人間は赤ちゃんの時期から年齢を重ねるにつれて真皮の水分量が減っていきます。これは仕方のないことです。日々のスキンケアで乾燥を防ぎ、コラーゲンを少しずつでも増やしていけるようにケアをしていくことが大切です。

 

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.