ほうれい線の原因

タバコがほうれい線の原因に!?老化の予防法

更新日:

 

ほうれい線の原因はいくつかありますが、実はタバコも関係しています。もちろん「ほうれい線=喫煙者」ではありませんが、たばこがほうれい線を加速させることは研究からもわかっています。きちんとケアをして、老化をストップさせることが重要になってきます。

 

7d43a0ada1c2f41f48fbdcd8424ba7c1_s

 

なぜタバコを吸うとほうれい線ができるの?

タバコが美容と健康に良くないことは明らかですが、なぜ法令線ができてしまうのでしょうか。

活性酸素

まず最初の理由は「活性酸素」です。タバコを吸うことで、活性酸素が発生し、これによって肌にとってとても大切なビタミンCやビタミンEを消費してしまいます。その結果肌のハリを保つためのコラーゲンを作ることができなくなり、ほうれい線だけでなく、シミやしわ、たるみの原因となってしまうのです。

 

血流が悪くなってしまう

次に、喫煙によって血流が悪くなってしまうことが考えられます。タバコによって血管が細くなり、血行が悪くなるため、きちんと肌に栄養を届けられなかったり、新陳代謝が悪くなるためお肌のターンオーバーも乱れてしまい、ほうれい線ができやすくなります。

改善するには

このようなことが原因でタバコは老けを促進してしまうのです。「スモーカーズ・フェイス」という言葉があるくらいです。特に、タバコを1日1箱以上吸うという人は注意が必要です。

禁煙

最も有効な改善法はもちろん禁煙です。禁煙率は意外と女性の方が低いとされていますが、最近では色んな禁煙グッズなども売られているので、完全に辞めるとまではいかなくても、少しずつ本数を減らしていくことをオススメします。

 

適切なケア

ただ、いきなり禁煙というのも難しいですし、タバコを吸うのに肌が綺麗な人も存在しています。つまりケアをきちんと行うこともとても大切ということです。タバコを吸うと肌が乾燥する傾向にあります。なので、肌を保湿する成分(セラミドやヒアルロン酸など)が入った化粧品、ほうれい線を防ぐためのコラーゲンの生成を促進してくれる化粧品を使うことがポイントです。

 

また、必要な栄養としては抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、不足すると肌のトラブルとなるビタミンB2などをバランスのいい食事から摂るようにしましょう。不足分はサプリメントで補うのもいいでしょう。

まとめ

以上がタバコとほうれい線の関係になります。喫煙は「百害あって一利なし」といいますが、もちろん吸わないに越したことはありません。少しでも本数を減らし、アンチエイジングのためのケアを習慣にしていくことが大切です。

 

 

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.