ほうれい線の原因

頬肉のせいでほうれい線が目立つ!?適切な対処法とは

投稿日:

頬肉とほうれい線

ほうれい線ができやすくなってしまう原因はいくつかありますが、その中でも「頬の肉」が深く関係していることがよくあります。

ほうれい線はただのしわとは違い、頬のたるみによってできてしまう境界線なので、頬肉が多くつきやすいという場合はほうれい線が目立ってしまいやすくなります。

年齢が上がって行くと、さらに頬のたるみによってほうれい線が深くなってしまうため、しっかりと対策を行っていくことが重要です。

頬肉が原因でほうれい線が目立つ!?

冒頭でもお話したように、頬肉がたるむことによってほうれい線が深くなってしまいます。

頬の脂肪が重力によって下がってしまうことで、溝ができてしまうのです。

また、丸顔で頬肉がつきやすいと頬との境界線がくっきりしてしまうためほうれい線が目立ちやすいというケースもあります。

なので、太っていて頬がふっくらしている場合は、ダイエットすることで頬の肉を少なくすることがほうれい線やブルドッグライン対策にもつながります。

頬骨などの骨格やほっぺたの肉が関係しているほうれい線は、10代や20代の若い人にも当てはまるケースが多く、できるだけ早い段階から対策を行っていく必要があります。

頬肉のたるみを防ぐためには

頬肉によって目立ってしまうほうれい線を対策するためには、頬の肉のたるみを予防したり、お肉をリフトアップしてあげることが大切です。

頬のお肉が下がってしまうと、ほうれい線が目立ってしまうだけでなく、顔が大きく見えてしまうことにもつながってしまうので、しっかりと対策していきましょう。

対策法としてはいくつかあります。

表情筋のトレーニング

口輪筋や頬骨筋など顔の筋肉が衰えてしまうと、頬の肉をしっかりと支えることができなくなり、たるみの原因となってしまいます。

表情筋のトレーニングの方法としては、たくさんあり、

  • 口を「ま」、「い」、「う」の形にして筋肉を鍛えるまいう体操
  • 舌を動かして口周りの筋肉を鍛えるベロ回し体操
  • 表情筋を使った顔ヨガ
  • 割り箸を使って口角をあげるトレーニング
  • ガムを噛んで筋肉を使う

などがあります。

すべてを行うのは不可能なので、続けやすい方法を見つけて継続していくのがオススメです。

>>具体的なエクササイズの方法についてはこちら

マッサージでリフトアップ

マッサージでリフトアップしたり、ツボ押しでたるみを解消するという方法もあります。

短い時間でもいいでの、マッサージを取り入れることによって、血行が促進されたり、筋肉が刺激されその反発力によってリフトアップすることができます。

マッサージで頬の肉をスッキリさせて小顔効果も同時に得ることができます。

また、ツボを押すことで、ほうれい線やたるみ、むくみを予防するという方法もあります。

ほうれい線やたるみに効果的とされるツボはいくつかあり、すぐに効果が出る方法ではありませんが、ちょっとした空き時間に取り入れられるので、オススメの方法です。

>>具体的なマッサージやツボ押しの方法についてはこちら

スキンケアでたるみ対策

そして、忘れてはいけないのがほうれい線対策で最も重要なスキンケアです。

頬肉との境界線を少しでも改善するためには、肌の内側からハリと弾力を回復させる必要があります。

そのためには、肌のコラーゲン生成をサポートしてくれるような成分が使われている化粧品をつかってスキンケアを継続していくことが大切になります。

また、ほうれい線対策に適している化粧品選びも重要なポイントで、しっかりとほうれい線にアプローチしてくれる成分が使われている化粧品を選ぶようにしましょう。

>>ほうれい線に最も適している化粧品はこちら

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved.