ほうれい線ケア

レチノールでほうれい線を改善!

更新日:

 

しわやほうれい線を改善するにはビタミンCなどコラーゲンを増やすための成分を含む化粧品がオススメですが、レチノールを使うのも効果的です。以前このサイトではトレチノイン(レチノイン酸)をご紹介しましたが、トレチノインと違い、レチノールは化粧品からでも取り入れることができます。

 

c7ef2fa0f5fc29e6121dc203ffa2071a_s

 

レチノールの効果とは

レチノールの正体は、ビタミンAの前駆体で、もともと私たちの体内に存在しています。このレチノールが繊維芽細胞に作用し、コラーゲンの合成を促進してくれる効果があるため、ほうれい線対策としては有効な成分なのです。

 

レチノールを含む化粧品を使ってアンチエイジング

レチノールは動物性食品に含まれていて、食事から補うこともできますが、化粧品を使って肌から直接取り入れることでしわやほうれい線の改善に役立てることができます。

 

化粧品には、レチノールとして含まれていたり、レチノールを安定化させたパルミチン酸レチノールや酢酸レチノール、レチノール誘導体として配合されていたりします。

 

トレチノイン(レチノイン酸)との違いは?

以前このサイトではトレチノインについてもご説明しました。

>>トレチノインについてはこちら

 

トレチノインはレチノールの50~100倍と言われていて、かなり刺激が強い成分です。そのため、美容クリニックなどで専門医の指導のもとで使う必要があります。それに対し、日本ではある一定濃度以下のレチノールであれば化粧品に配合することが認められています。

レチノールの注意点

  • レチノールはトレチノインに比べて刺激は少ないですが、それでもレチノールは攻めのスキンケアで、刺激となってしまうことがあります。ピーリングのような作用もあるので、ヒリヒリ感やかさつき、赤みなどがでることがあります。肌が弱い場合はパッチテストを行うなどの注意が必要です。

 

  • ビタミンAには催奇形があるため、妊娠中には注意が必要です。レチノールはトレチノインほど強くなく、経口摂取ではなく肌から塗っているため過剰摂取の心配はあまりありませんが、使用は避けたほうが無難でしょう。

 

  • レチノールを使うと肌が敏感な状態となります。使用する場合は肌のバリア機能が低下してしまわないように紫外線対策や保湿対策をしっかりと行うようにしましょう。

 

  • レチノールはステロイド系の薬やディフェリンゲルなど併用が好ましくない薬もあるので、薬を使用中の場合は事前に医師に相談しましょう。

ほうれい線に効果的なレチノール配合化粧品

ほうれい線に効果的なレチノール配合化粧品としては、ビーグレンのQuSomeレチノAがあります。基本的にレチノールが入っているものは値段的に高めですが、より攻めのスキンケアを行う場合にはとても効果的です。

 

レチノ

 

ビーグレンのQuSomeレチノAはレチノールとレチノール誘導体の2つを含んでいて、さらに今注目されている繊維芽細胞増殖因子であるFGFやEGF様の成分を含んでいるためより一層効果が期待できますし、他にも乾燥を防ぐための保湿成分もしっかり含まれているという点がポイントです。

 

敏感肌の場合でも使うことができますが、万が一合わないということもあるので、まずはトライアルセットから試してみるのがいいと思います。

>>ビーグレンのトライアルセットの詳細はこちら

まとめ

以上がレチノールを使ったほうれい線対策となります。レチノールは攻めのスキンケアということで比較的刺激の強い成分で注意点もいくつかありますが、しわやほうれい線改善としては効果的な成分です。ぜひエイジングケアの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

-ほうれい線ケア

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.