ほうれい線ケア

ほうれい線はビタミンCを摂れば改善する?

更新日:

 

肌に良いとされる栄養素はたくさんありますが、その中でも「ビタミンC」は肌のくすみや赤み、シミ、シワ、たるみ、美白など肌のトラブルの救世主のような存在です。はたして、このビタミンCはほうれい線にも効果があるのでしょうか。実はビタミンCはコラーゲンの生成をサポートしてくれるので、ほうれい線にも嬉しい栄養なのです。ここではそんなビタミンCについてお話ししていきます。

 

dd66d1c15b7614a31deaa5ada8322067_s

 

ビタミンCのほうれい線への効果

コラーゲンの生成をサポート

ほうれい線のケアにおいて、コラーゲンを増やしてあげることは重要です。ビタミンC(別名:アスコルビン酸)はコラーゲンの生成に欠かせない物質なので、コラーゲンを含む食品を食べる時に一緒にビタミンCも摂取すると効果がアップします。ただし、コラーゲンは口から入れても体内で分解され、皮膚には届きにくいとされています。あくまでも食べないよりは食べたほうがいいといった程度です。

 

抗酸化作用

人間がストレスを感じたり、紫外線、寝不足などによって活性酸素が発生します。本来この活性酸素は病原菌をやっつけてくれる働きがあるのですが、増えすぎると肌の老化を促進してしまいます。つまり、肌がたるんでほうれい線となる原因となります。ビタミンCは抗酸化作用によってこの活性酸素を取り除いてくれるため、ほうれい線の予防としても役立ちます。特にタバコを吸うという方はビタミンCが破壊されているので、積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンCを摂るには

このように肌にはありがたいビタミンCなので、積極的に摂りたいですよね。肌にいいと聞いた栄養素だけを摂るのではなくて、バランスのいい食事から摂ることが大事です。ビタミンCを含む食材としては、さつまいも、ブロッコリー、キャベツ、じゃがいも、トマト、ピーマン、れんこん、さつまいも、柿、などがあります。ビタミンCを豊富に含むローズヒップティーもおすすめです。

 

サプリメントも

食事からなかなか十分なビタミンCを摂れないという場合は、サプリメントを活用するのもいいでしょう。ただし、必要以上に取りすぎても尿として排出されるだけなので、こまめに少しずつ摂取しましょう。

ビタミンCの効果を上げるには

ビタミンCは口から入れても、全身で使われるため、老化防止やシワの予防などには効果があっても、シミやほうれい線には思ったような効果が得られないこともあります。なので、ビタミンCの効果をより直で感じるためには、口から食べたり飲んだりするより、ビタミンCを含む化粧品を使って肌に直接塗る方が効果があります。

まとめ

以上がビタミンCのほうれい線に対する効果となります。ビタミンCが肌に良い栄養素であることは間違いないですが、サプリなどで摂取していても、ほうれい線を消すのはなかなか難しいです。よりビタミンCの効果を実感するためには、化粧品を使って直接肌に浸透させることが大切です。

 

-ほうれい線ケア

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.