ほうれい線ケア

冬のほうれい線対策はこれ!

更新日:

 

冬になるとほうれい線が一段と目立ってしまうという悩みはかなり多いと思います。冬は一年の中でも乾燥する季節なので、正しいケアをしないとどんどん肌のシワが目立ってきてしまいます。そこで、今回は冬のほうれい線対策についてご紹介していきます。

 

gatag-00009080

 

なぜ冬にほうれい線が目立ってしまうの?

は一年の中でも最も乾燥する季節です。空気が乾燥するだけでなく、エアコンによってさらに肌が乾いてしまったり、一日の気温差が肌へ負担になってしまったりします。それに、口元や頬は顔の中でも特に乾燥しやすいので、乾燥が原因で浅いほうれい線などのシワができてしまったり、ほうれい線がより深くなってしまうのです。

冬のほうれい線対策

スキンケア

冬のスキンケアで大切なのはもちろん保湿です。冬はできるだけオールインワンの化粧品に頼らずに、クリームなども使ってケアしてあげるようにしましょう。

 

クレンジング

クレンジングは冬の敏感肌を傷つけてしまうことがあります。なので冬にはできるだけ肌に優しいく洗い流せるクリームタイプのクレンジングなどを使うようにしましょう。

 

保湿ケア

ワセリンなどの油分で保湿をする人もいますが、実はそれでは根本的に保湿できたことにはなりません。油分で肌の表面にフタをするのではなく、セラミド配合の美容液などを使って肌本来のバリア機能を高めてやることが冬のスキンケアにおいて最も重要なポイントなのです。

 

パック

普通のスキンケアだけでは保湿が物足りないという場合に役立つのがパックです。色んなタイプがあり、最近はシートタイプがメジャーですが、冬など乾燥が気になる時は、固まるタイプのパックが効果的です。

 

マッサージ

オイルを使ってマッサージしてあげるのもほうれい線対策としては効果的です。オイルをつけた状態で、ほうれい線のシワを手で軽く開いて伸ばします。その状態でもう片方の手で、気になるほうれい線の部分をくるくると薬指でマッサージしていきます。このとき力が入り過ぎないように注意しましょう。

 

その他にも

冬のほうれい線の原因はほとんど乾燥が占めていますが、他にも、寒いので姿勢が悪くなって猫背になってしまったり、歯を食いしばったりすることで噛み合わせが悪くなり、ほうれい線の原因となってしまうことがあります。防寒対策や姿勢にも意識するとよりいいでしょう。

まとめ

以上が冬のほうれい線対策となります。対策はこのようにいくつかありますが、一番大事なのは、セラミド配合の化粧品を使うということです。セラミドで肌の乾燥を防いでほうれい線を目立たなくし、さらにコラーゲンを生成してくれるスキンケアをすることによってほうれい線を改善していきましょう。

 

 

-ほうれい線ケア

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.