オイルを使ったケア

オリーブオイルでほうれい線は消せる?

更新日:

 

ヘルシーな食用オイルとして人気が高い「オリーブオイル」。ダイエットや便秘などにいいとされ、料理に使われたり、サプリメントとして摂取したりされますが、そのオリーブオイルが肌にもよく、ほうれい線ケアとして使えるという情報があります。果たして、オリーブオイルはほうれい線に効果があるのでしょうか。ここではその効果について検証していきます。

 

f382c156ea28d10af2618aec34739f16_s

 

オリーブオイルの肌への効果とは?

オレイン酸

オリーブオイルの脂肪酸の内、70%~80%がオレイン酸です。このオレイン酸は活性酸素によって肌が老化してしまうのを防いでくれたり、肌の保湿効果があるのです。実は、人間の皮膚から分泌される皮脂にもオレイン酸が含まれています。つまりこの肌から出る成分とオリーブオイルの成分が似ているため、結果的に保湿効果が得られるのです。

 

ほうれい線への効果は?

オリーブオイルは、オレイン酸を含むことや細胞壁を強くしてくれることから、クレンジングやマッサージなど使い方によっては肌にいいことは間違いありません。ただ、これだけでほうれい線を消すのは難しいでしょう。

 

エイジングケアによって肌の老化を防いで、ほうれい線をケアしたい場合は、リノール酸を含んでいて、抗酸化作用のあるビタミンEがオリーブオイルの3倍近くあるとされる、アルガンオイルを使うのもおすすめです。

 

>>アルガンオイルについてはこちら

オリーブオイルの使い方

オリーブオイルを使う場合は、まず、食用のものでなく、精製されたスキンケア用のものやエクストラバージンオリーブオイルを使うようにしましょう。食用のものは不純物を含んでいるので、酸化しやすく肌への負担になってしまうことがあります。

 

9111899730c2e49d1f0606ed9e611c64_s

 

保湿として使う場合

化粧水や乳液など通常のスキンケアをした後に、ほうれい線や乾燥の気になる部分に塗るようにしましょう。このとき、薄く伸ばすだけで十分なので、塗りすぎないようにしましょう。

 

その他にも

オリーブオイルはクレンジングとしても使え、特に乾燥肌や敏感肌の人には向いています。その他に全身のボディケアや髪のトリートメントとしても使えるので、持っておくと便利ではあります。

注意点

大人ニキビができてしまう肌質の場合は、吹き出物が悪化してしまう可能性があるのでおすすめしません。また、できるだけパッチテストで肌に合っているか調べた上で使用し、2ヶ月以内を目安に使い切るようにしましょう。

まとめ

以上がオリーブオイルのほうれい線への効果となります。オリーブオイルはうるおい効果を与えてくれ、クレンジングやマッサージとしては便利ですが、抗酸化力としてはアルガンオイルなどの方が優れています。また、ほうれい線を改善するには、エイジングケア専用のスキンケアを継続して行っていくことが大切です。

 

 

-オイルを使ったケア

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.