オイルを使ったケア

ホホバオイルはほうれい線に効果ある?

更新日:

 

保湿力が高く、アンチエイジングの効果もあるとされ、スキンケアとしてよく使われる「ホホバオイル」ですが、そのホホバオイルはほうれい線などのシワも改善できるという情報が話題となっています。果たしてホホバオイルがどのように効果があるのか?どのように使えばいいのか?という疑問についてお答えしていきます。

 

ac0fc32c3d8ef8c8a511b284d09a2b2b_s

 

ホホバオイルの効果

ホホバの木はアメリカからメキシコなどに生えており、その実からとれるオイルは『砂漠からの黄金の液体』と表現されるほどキレイで、そのホホバオイルがほうれい線にいいとされるのは次のような理由からです。

高い保湿力

ホホバオイルはあの有名なニベアなどに入っていたりと、高い保湿力があります。ホホバオイルに含まれるワックスエステルという成分は、実は人間の肌にもともとある成分で、この人間の肌成分と同じワックスエステルを生み出せるのはなんとこのホホバオイルだけなんです。このワックスエステルのおかげで肌のバリア機能が高まり、保湿されるのです。よって、乾燥が原因で浅いほうれい線ができてしまうのを防ぐことができます。

 

アンチエイジング

ホホバオイルはビタミンEを含み、抗酸化作用があることでも知られています。肌の老化によってほうれい線ができてしまうのを防ぐことができます。

 

また、保湿の効果があるリノール酸などをもっと必要とする場合は、ホホバオイルよりもリノール酸が格段に豊富なアルガンオイルもおすすめです。

 

>>アルガンオイルの詳細はこちら

ホホバオイルはどのように使えばいいの?

ホホバオイルの選び方

ホホバオイルといってもたくさんの商品がありますが、まずはできるだけホホバオイル100%のものを選ぶようにしましょう。基本的に酸化しにくいホホバオイルですが、純度が100%でないと酸化してしまいやすくなるのです。「ピュア」、「100%」などの表記を目印にして選ぶといいでしょう。

 

精製か無精製

ホホバオイルには精製の製品と無精製の製品があり、どちらもメリットとデメリットがあります。

 

精製:精製することによって不純物が取り除かれ、低刺激でニオイも強くなく安価だが、ビタミン類などは失われてしまう。

 

無精製:精製していないので、不純物があり肌へ負担になってしまうこともあり、ニオイも強く値段は高い。そのかわり、ビタミン類などの栄養素は保たれています。不純物を減らしたゴールデンホホバオイルなどもあります。

 

選ぶ基準としては、ホホバオイルに慣れていなかったり、敏感肌の方は精製されたものを使うのが無難だと思います。

 

使用方法

ホホバオイルは万能ですが、ほうれい線ケアとしては、保湿したり、マッサージによって血行促進を目的として使用するのがいいでしょう。また、肌に合わないこともあるので、パッチテストを行うことをおすすめします。

 

★保湿する場合は

  • 洗顔後、ホホバオイルを数滴顔に塗ります
  • 化粧水や乳液などで肌を整えます
  • 最後にもう一度ホホバオイルで顔を保湿します

敏感肌の場合は、化粧水をつけてから、ホホバオイルを塗るようにしましょう。

 

★マッサージする場合は

ホホバオイルを手に伸ばして、指3本でほうれい線など気になるところを円を描くようにマッサージします。

 

ホホバオイルは本当に万能オイルなので、ほうれい線ケアだけでなく、頭皮・髪のケア、クレンジング、ニキビケア、毛穴の黒ずみケアなどにも使え、湯船に使ってもいいでしょう。

ホホバオイルの保管

ホホバオイルは温度が低すぎると固まって固体になってしまいます。適度にすずしい冷暗所で保管し、1年以内を目安に使い切るようにしましょう。

まとめ

以上がホホバオイルを使ったほうれい線ケアとなります。ホホバオイルは万能で肌にとってもかなり良いものですが、これだけでほうれい線を消すのはなかなか難しいこともあるでしょう。保湿ケアにプラスして、コラーゲンの生成を促してくれるスキンケアを継続して行っていくようにしましょう。

 

 

-オイルを使ったケア

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.