ほうれい線ケア

ほうれい線対策のための洗顔はこれ!

更新日:

 

ほうれい線ケアというと化粧水やクリームなどに気をとられがちですが、洗顔も重要なポイントです。間違った洗顔法をしてしまうと肌が乾燥して、それだけしわやほうれい線も進行してしまいます。ここでは、そんなほうれい線対策のための洗顔法とオススメの洗顔料などをご紹介していきます。

 

baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s

 

ほうれい線を深くしないための正しい洗顔法

基本的な正しい洗顔の手順としては次の通りです。

 

  1. 洗顔料を肌にそのままつけると摩擦がかかったりと肌への負担となってしまうので、まずはぬるま湯で顔を濡らします。温度としては、体温よりも少し低めの32℃前後がピッタリです。
  2. 洗顔料を手のひらに広げます。
  3. 皮脂の多いおでこや鼻などのTゾーンから洗顔をしていきます。
  4. そのあと、乾燥しやすい顎やフェイスラインなどのUゾーンの洗顔を行います。洗顔をするときはたるみによってほうれい線が深くならないように、「下から上」を意識しましょう。
  5. デリケートな目元や口周りを優しくなでるように洗います。
  6. 最初につかったものと同じくらいの温度のぬるま湯で洗い流します。このとき、シャワーからのお湯で直接流したりせず、手ですくったお湯で洗い流します。
  7. 最後に清潔なタオルでこすらずに抑えるように水分を拭き取ります。

 

とにかく肌に負担をかけないように

洗顔するときに手でゴシゴシと強くこすってしまったり、洗顔料を長時間肌にのせておくことで、肌のバリア機能が低下し、乾燥を招いてしまいます。洗顔は優しく行い、できるだけ1~2分以内に洗い流すようにしましょう。

 

また、洗顔料の洗い残しもNGで、髪の毛の生え際や鼻・目周りは特に注意が必要で、丁寧に洗い流すように意識しましょう。スクラブ洗顔のしすぎもよくありません。

 

洗顔料はたくさん泡立てる方がいい?

ネット上の情報などではよく、泡立てネットを使って洗顔フォームをしっかりと泡立てて、その泡で洗顔することを推奨していますが、実は泡洗顔にはデメリットがあり、泡を立てるために使用されている界面活性剤が肌への負担となってしまうんです。界面活性剤は皮膚に必要な皮脂まで落としてしまったり、乾燥肌・敏感肌やターンオーバーの乱れの原因にもなってしまいます。

 

そこで、ほうれい線やしわ対策としてオススメなのが、クレイ洗顔です。クレイ洗顔は泡立ちは少ないですが、必要な皮脂を落とすことなく、古い角質や酸化した皮脂など余分なものだけを吸着してくれるという泡洗顔とは違ったメカニズムで肌を清潔に保つことができます。

 

朝洗顔は行ったほうがいい?

これもネット上では色々な意見があります。肌が乾燥してしまうため朝はぬるま湯だけで洗顔を行ったほうがいいとか、朝は洗顔しない方がいいとさえ言う人もいます。

 

でも実は朝もきちんと洗顔料を使って洗顔をしたほうがいいんです。というのは、皮膚からは寝ているあいだにも皮脂が分泌されていて、これが空気中の酸素によって酸化されることで、過酸化脂質に変性してしまいます。この変性皮脂は肌の老化にも影響を与えてしまい、しわやほうれい線、くすみの原因にもなってしまいます。

 

洗顔を1日に何回もするのは良くないですが、朝と夜の2回は基本的に行うようにして、肌が敏感なときだけぬるま湯だけの洗顔にするというのが正しいやり方です。洗顔料を使って洗顔することでそのあとの化粧品の浸透をアップさせるというメリットもあります。

 

最後に保湿を忘れずに

洗顔後に少し肌がつっぱってしまったり、肌がキュッとなる感覚になるという経験がある人も多いと思いますが、これは洗顔が間違っているわけではありません。少々つっぱるくらいなら問題なく、保湿をしっかりと行えばいいんです。

セラミドなどの保湿成分を含む化粧品を使ってしっかりと乾燥を防ぐことが大切です。

ほうれい線、しわ対策にオススメの洗顔料

今までのことを総合して、ほうれい線対策として適しているのがビーグレンのクレイウォッシュです。ビーグレンの洗顔料は洗浄のための界面活性剤を使わず、モンモリロナイトという超微粒子の天然クレイを使っていて、肌を傷つけたり、必要な皮脂を落としすぎることなく余分な汚れだけを吸着してくれます。

 

クレイウォッシュ

 

クレイウォッシュには他にも肌のターンオーバーを整えてくれるカミツレエキスなど5種類の美容成分も含まれていて、かなり贅沢な洗顔料です。

>>ビーグレンのトライアルセットの詳細はこちら

まとめ

以上がほうれい線、しわ対策のための洗顔法となります。エイジングケアでは化粧品ばかりを重視してしまいがちですが、正しく洗顔をすることも忘れてはいけません。肌に負担をかけずに正しく洗顔を行うことによって、肌の老化を防ぎ、ハリや弾力のある肌を手に入れていきましょう。

 

-ほうれい線ケア

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.