ビーグレン

ビーグレンを使うと乾燥するというときの対処法

更新日:

 

ビーグレンは数ある化粧品の中でも評価の高い化粧品ですが、もちろんマイナスな口コミも存在します。その口コミの中で、ビーグレンを使うと乾燥する、という声がいくつかあります。これはビーグレンのCセラムが原因として考えられます。そこで、今回はビーグレンを使うことでつっぱりや乾燥が気になってしまうときの対処法をご紹介します。

 

CS1

 

ビーグレンを使うと乾燥してしまう?

ビーグレンは基本的に皮脂を落としすぎてしうような界面活性剤を洗顔料に使っていなかったり、浸透技術であるQuSomeによって潤い成分を角層の奥まで届かせることができたりと、乾燥肌にとっては嬉しい化粧品で、実際に乾燥肌の私が使ってもかなり保湿力は高い方だと感じました。

 

ただ、中にはビーグレンを使うことで乾燥するつっぱるという口コミもあります。これはビーグレンのCセラムが原因として考えられます。

 

ビタミンCはしわやほうれい線、シミなどを改善するにはかなり効果的ですが、ニキビ改善の目的などにも使われ、皮脂を抑える効果もあります。そのため、かなりの乾燥肌の場合は乾燥やつっぱりを感じてしまう可能性もあるんです。

乾燥しないための対処法

Cセラムの量を変えてみる

まず最もシンプルな対処法は使うCセラムの量を減らすということです。Cセラムを減らしてクリームを多めに伸ばすことで改善されることもあります。

 

それでもまだ乾燥してしまう場合は、顔の気になる部分だけにCセラムを使ったり、Cセラムの使用を止めることで対処しましょう。

 

化粧品の使い方

ビーグレンはもともと浸透力の高さが売りの化粧品でもありあすが、化粧品を使うときにハンドプレスをすることで、肌が温められ、成分をより浸透させることができたり、蒸発を防ぐことができます。ハンドプレスすると手が肌に吸い付くようになり、潤いを実感することができます。

他にも、化粧水の重ねづけをしたり、たまにラップパックをしてみるのもいいでしょう。

 

併用したほうがいい?

保湿が物足りない時に、化粧品を併用するというのも一つの考えだと思います。オイルやクリームなど併用することで肌の状態がいいのであれば問題ありませんが、併用することで浸透力が下がってしまったり、化粧品のpHが変化し刺激を感じてしまう可能性があるというデメリットもあります。

 

また、併用すると単純にコスト的にも悪くなってしまうため、個人的には併用するくらいだったら他の化粧品を使う方がオススメです。より保湿力の高い化粧品を選ぶとしたらビーグレンには使われていないセラミドが使われているものがオススメで、そのなかでも通常の4倍のセラミドの浸透力をもつアヤナスなどが合っています。

 

ay_00044

 

>>アヤナスの詳細はこちら

まとめ

以上がビーグレンを使うと乾燥してしまうときの対処法となります。ビタミンCはほうれい線やたるみ対策などエイジングケアとしてはとても有効な成分ですが、皮脂を抑えて乾燥させてしまうという面もあります。Cセラムの量を調整したり、使用法を工夫することで肌の乾燥を上手に防いでいきましょう。

>>ビーグレンのトライアルセットの詳細はこちら

 

-ビーグレン

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.