ビーグレン

ビーグレンに含まれる界面活性剤を徹底分析!

更新日:

 

肌の様々な悩みにアプローチしてくれるビーグレンですが、界面活性剤が使われているの?という疑問がよくあります。結論から言うとビーグレンには界面活性剤が使われています。界面活性剤は肌に悪いというイメージがありますが、その界面活性剤の種類や使い方に注意すれば大丈夫なんです。

ここでは、ビーグレンに含まれる界面活性剤を分析していきたいと思います。

 

6796ea4dddd8fe183a437fcea169d859_s

 

ビーグレンの界面活性剤

界面活性剤は肌への負担となるというイメージがありますが、実際にはほぼ全ての化粧品に使われています。界面活性剤の役割としては、洗浄剤と乳化剤の2つです。

 

洗顔料の合成界面活性剤

一般的な洗顔料には、合成界面活性剤が含まれていて、それによって肌の汚れを落とします。また、洗顔料が泡立つことによって、汚れを吸着しやすくします。

 

ただ、合成界面活性剤の洗浄力によって肌に必要な皮脂まで落とし過ぎてしまい、肌が乾燥してバリア機能が低下してしまうというデメリットがあります。

 

ただ、ビーグレンの洗顔料は洗浄剤としての界面活性剤は含まれておらず、かわりに天然クレイによってメイク汚れや垢、老廃物、皮脂、ニキビ菌などの不要物が吸着されます。

 

そのためビーグレンの洗顔料はびっくりするくらい泡立ちませんが、洗い上がりはつっぱることもなくしっとりと滑らかな肌に保つことができます。乾燥肌や敏感肌にとってはうれしい洗顔料で、しわやほうれい線対策としてもオススメです。

 

洗顔料にはN-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸ナトリウムという界面活性剤が含まれていますが、これは洗浄剤としてではなく、乳化剤としての界面活性剤で、安全性が高い成分です。

 

ビーグレンの洗顔料以外の界面活性剤

ビーグレンの化粧品には他にもいくつか界面活性剤が使われています。

 

  • 10-YBローション

ジミリスチン酸PEG-12グリセリル

 

  • QuSomeリフト

ポリソルベート60

 

  • Cセラム

レシチン、ラウレス-7

 

  • QuSomeモイスチャーリッチクリーム

ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-45、ジミリスチン酸PEG-12グリセリル、ステアリン酸コレステリル

 

とこれだけの界面活性剤が使われています。ただ、これらの成分を見てみると、一般的に肌に良くないと言われる石油系の合成界面活性剤は使われておらず、食品にも添加されているものや安全性が高いものだけが使われています。

 

実際にビーグレンに使われている界面活性剤は乳化剤としての役割だけで、試験をパスして認められたものだけが使われているのです。

結論

界面活性剤が肌によくないのは、石油系の合成界面活性剤が使われていたり、その洗顔料を長時間肌にのせてしまう場合です。

ビーグレンの界面活性剤に関しては、肌への刺激にならないものだけで、洗顔料は洗浄力が強すぎないので、乾燥肌や敏感肌には適しています。

>>ビーグレンのトライアルセットレビューページはこちら

 

-ビーグレン

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.