ほうれい線に効く食べ物

ほうれい線に効くお茶はこれ!

更新日:

 

ほうれい線は外側からスキンケアで改善することも大事ですが、内側から改善することも忘れてはいけません。アンチエイジングの効果のある食べ物などもありますが、今回はほうれい線対策のための「お茶」についてまとめていきます。効果的なお茶はたくさんありますが、その中でもオススメなものをピックアップしてみました。

 

162d07779e4587b979ec5d234409e75b_s

 

ほうれい線に効くお茶

抗酸化作用

老化防止といえば、活性酸素などによる酸化を防止する抗酸化作用が必要です。抗酸化作用があるお茶としては、緑茶が有名ですが、ポリフェノールであるアントシアニンを豊富に含む黒豆茶、数種類のポリフェノールを含むドクダミ茶などもオススメです。

 

活性酸素によって、コラーゲン・エラスチンを壊されてしまうとたるみやほうれい線につながってしまうので、抗酸化作用は非常にエイジングケアに役に立ちます。

 

ドクダミ茶はデトックス効果によって毒素や老廃物を排出してくれる効果や腸内環境を整えてくれる効果もあるので、ほうれい線対策としてもオススメです。

 

緑茶のようにカフェインを摂りたくないという時には、ノンカフェインで抗酸化力があり、むくみ解消にも効くルイボスティーがオススメです。

>>ルイボスティーの詳細はこちら

 

ビタミンC

ほうれい線改善に最も大切なコラーゲンを増やすためにはビタミンCを積極的に摂ることが大切です。ビタミンCが豊富なお茶としては、緑茶やレモン果汁の約20倍のビタミンCを含むと言われているローズヒップティーなどがあります。

緑茶は、カテキンを含んでいることで、ビタミンCが分解されるのを防いでくれ、効率よくビタミンCを補うことができます。

 

血行促進

血行を促進して、肌のターンオーバーを整えたり、むくみを解消することもほうれい線対策としては有効です。血行促進の効果があるお茶としては、菊花茶、ヨモギ茶、クコ茶などがオススメです。

 

保湿効果

肌が乾燥してしまうのもしわや浅いほうれい線の原因となってしまいます。乾燥肌の場合には、保湿効果のあるアルボランという成分を含むアロエ茶がオススメです。

 

脂肪細胞の肥大化を防止

そもそもほうれい線が深くなってしまうのは、皮下脂肪が増え、脂肪細胞が肥大化することで、肌のハリがうしなわれできてしまいます。この脂肪細胞の肥大化を改善することができるお茶として、「甜茶」というお茶が効果的であるということが資生堂によって発見されました。

 

アンチエイジングに効果があるお茶はここに書ききれないほどたくさんありますが、特にほうれい線対策としてオススメなものを挙げていきました。

 

お茶にはカフェインを含むものや鉄と結合するタンニンが含まれているものもあるので、大量に飲み過ぎるのはよろしくありません。また、あくまでもお茶なので、即効でほうれい線が消えるというものではありません。スキンケアや表情筋の体操に合わせて活用していくようにしましょう。

まとめ

以上がほうれい線対策として効果的なお茶となります。抗酸化作用、ビタミンC、血行促進、保湿効果、脂肪細胞の肥大化の改善、などなどお茶には本当に多くの効能があることに驚かされます。自分の好みに合って続けられそうなものや目的に合わせて選び、スキンケアのプラスとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

>>ほうれい線を改善するためのスキンケアはこちら

 

-ほうれい線に効く食べ物

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.