間単にできるほうれい線改善法

ルイボスティーでほうれい線を改善する方法

更新日:

 

いま注目されているルイボスティーは奇跡のお茶と言われ、さまざまな良い効果を得ることができます。その中でも、ほうれい線の予防・改善などにも良く、アンチエイジングとしても愛用されています。今回はそんなルイボスティーの効果と飲み方などをご紹介していきます。

 

e1903373065b8bb6783be6b885663025_s

 

ルイボスティーの効果

南アフリカに生息し、ごく一部の地域でつくられるルイボスの葉を発酵・乾燥してつくられるルイボス茶(ルイボスティー)。その効果は幅広く、ダイエットや妊活、便秘解消、アトピー・アレルギーの改善、などにもいいとされています。このルイボスティーがほうれい線にもいいとされる理由は次の通りです。

 

抗酸化作用

ルイボスティーにはポリフェノールが含まれ、抗酸化作用を示します。さらにルイボスティーがすごいのは「SOD酵素」という酵素をもっているという点です。このSOD酵素には肌を老けさせる活性酸素を除去してくれる働きがあります。

 

活性酸素が増えると、肌の弾力が失われ、ほうれい線の原因となってしまうので、ルイボスティーはとても有効なアンチエイジングとなるのです。

 

また、抗酸化作用によってストレス解消や快眠効果も得られます。

 

むくみ解消

ルイボスティーには血行を促進してくれる効果も期待できます。顔がむくんでほうれい線ができやすくなってしまうのを防いでくれます。

 

その他にも、ルイボスティーはビタミン・ミネラルが豊富で、カフェインも入っていないため健康的にもいいのです。

ルイボスティーの飲み方

ルイボスティーをつくるときは、10分~30分程度煮出してから飲むようにすると、成分がよく出て抗酸化作用も高まります。だいたい1日コップ3杯以上飲むようにします。冷たいものが飲みたい場合は、ティーパックを浸した状態にしておきましょう。

 

また、飲む時は自分の好みにアレンジするのもオススメです。

 

例えば、

  • レモン・オレンジを入れる
  • ミルクを加える
  • はちみつを加えて腸内環境を改善
  • 生姜を入れて冷え性を改善

 

などひと工夫して、飽きずに続けていきましょう。もちろんほうれい線以外にも髪や肌など全身のアンチエイジングの効果も期待できます。

まとめ

ルイボスティーはクセもなく、ノンカフェインなので、子供でも妊娠中の方でも安心して飲むことができるお茶です。外からのスキンケアでコラーゲンを増やしていくことももちろん大事ですが、活性酸素を除去して老化防止することもほうれい線ケアとしては大切です。即効性はありませんが、継続していくことが大切です。

 

 

-間単にできるほうれい線改善法

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.