ほうれい線Q&A

フルートでほうれい線が改善できる?

更新日:

 

ほうれい線を予防・改善するには、顔の筋肉が衰えないようにトレーニングする必要があります。特に、普段あまり表情筋を使わないという場合には、鍛えてあげないと顔がたるんで、ほうれい線が深くなってしまいます。その中でもフルートを演奏することによって口まわりの筋肉を鍛えることができるという情報がありますが、本当に効果があるのでしょうか?

 

f29aa3e444e6ea08cfffe88df8b2007e_s

 

フルートの効果

顔の筋肉を使う

フルートを吹くとき、口周りの口輪筋や頬の筋肉を使うことによって、筋肉がトレーニングでき、ほうれい線の対策になるのです。また、フルートを上手に吹くために、舌の運動や口周りの筋肉の体操をしているという方もいて、それがほうれい線対策となっているということもあります。

 

腹式呼吸

フルートを吹くときには腹式呼吸を使います。呼吸が浅いと、活性酸素の影響や代謝が悪くなることで、肌の老化につながってしまう可能性もあります。フルートを演奏することで、腹式呼吸のトレーニングにもなるため、アンチエイジングとしても効果が期待できます。

ただしデメリットも

ただし、フルートには、口角を下げて口をへの字にするスマイリングアンブシュアなどといった口の形になることもあり、デメリットもあるという指摘もあります。

 

また、フルートの演奏を趣味として楽しむという場合には問題ありませんが、ほうれい線対策のためだけに始めるというのはなかなかハードルが高いと思います。このサイトでは、口笛など手軽にできるほうれい線対策法やグッズを使った方法なども紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

>>口笛でほうれい線を改善する方法はこちら

>>グッズを使ってほうれい線を改善する方法はこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?顔の筋肉をトレーニングすることはほうれい線対策としては大切なことですが、そのためだけにフルートを始めるのは少し敷居が高いと思います。自分に合ったトレーニング法を見つけ、ほうれい線を改善するためには、コラーゲンを増やすためのスキンケアも忘れてはいけません。

 

-ほうれい線Q&A

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.