間単にできるほうれい線改善法

口笛でほうれい線を改善する方法

更新日:

 

ほうれい線を改善するためには、ほうれい線専用のグッズを買ったり、マッサージをしたりしてケアしていくというイメージがありますが、なんと「口笛」を吹くだけでほうれい線を目立たなくすることができると注目を浴びています。ここでは、口笛によるアンチエイジングの効果とほうれい線の改善法についてお話ししていきます。

 

daaba208157e2a0cc0ae8611a6424726_s

 

なで口笛がほうれい線に効果があるの?

まず、ほうれい線ができてしまう原因のひとつに、顔のたるみがあります。口元のたるみや頬の肉のたるみ、あごのたるみなどが顔のシワとして現れてしまうのです。そこで、口輪筋や頬の筋肉を口笛で鍛えてあげることによって、リフトアップでき、そのたるみが解消され、結果としてほうれい線が目立たなくなるのです。逆に言うと、大人になってから口笛がやりにくくなったという場合は、表情筋が衰えてしまっているかもしれません。

 

また、口笛は腹式呼吸で腹筋も使うため、ダイエット効果や便秘改善にも効果を発揮します。ほうれい線対策の商品を買うのもいいですが、口笛だとタダで楽しみながらトレーニングすることができますよね。

口笛でほうれい線を改善する方法

やり方は簡単です。まずは好きな曲を選んで、10分程度口笛を吹きましょう。それだけで口輪筋が刺激されて、口角が上がり、小顔の効果があります。ただし、これは即効性があるものではないので、毎日継続的にすることが大切なのです。慣れていないと口元が筋肉痛になって疲れるのがわかると思います。

 

効果は実証済み?

なんと口笛には世界大会というものがあり、そこで優勝を果たした分山貴美子さんという日本人がいます。この分山先生が口笛を教えてくれる口笛レッスンがあるのですが、そこの生徒さんからは「法令線が目立たなくなった」、「二重あごが改善された」などの声があり、口笛のアンチエイジングの効果が評判となりました。

 

口笛が吹けないときは?

口笛が苦手で吹けないという人もいらっしゃるかと思います。でも、これは音を出すことが目的ではないので音が出なくても顔の筋肉を鍛えることは可能です。また、夜など環境的に口笛が吹けないという家もあるかと思います。その場合には、他にも手軽にできるほうれい線改善法としてガムを噛むという方法があります。そちらに興味があるという場合はそちらの記事をチャックしてみてください。

 

>>ガムを噛んでほうれい線を解消する方法はこちら

まとめ

以上が口笛によるほうれい線の改善法になります。マッサージや舌の体操なども効果があるとされていますが、なかなか大変で続かないということもあるようです。それに対し、口笛だとお金もかけずにお風呂などでも簡単にすることができますよね。そして、もちろんこれだけでなく、食生活や肌のハリを取り戻すためのスキンケアも忘れてはいけません。

 

-間単にできるほうれい線改善法

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.