ほうれい線のためのマッサージ

ためしてガッテンで紹介されたほうれい線の消し方とは!?

更新日:

しわ・たるみ

 

美容や健康系の色々と役立つ情報を知ることができるNHKのテレビ番組「ためしてガッテン」ですが、このためしてガッテンではしわやたるみについての特集も以前放送されました。

ほうれい線特集というわけではありませんが、ほうれい線もたるみが引き起こしてしまうしわですから、もちろん取り入れることでほうれい線対策にも活用できます。

ここでは、以前ためしてガッテンで放送されたほうれい線・しわに役立つ情報をまとめていきます。

ためしてガッテンのほうれい線対策

ためしてガッテンで放送されたほうれい線対策に役立ちそうな情報を動画を交えながらまとめていきます。

 

リンパマッサージを使う方法がメインです。

 

リンパマッサージ

このサイトでも何度もお伝えしていますが、しわ・たるみ・ほうれい線が気になってしまう原因は肌のコラーゲンが減ってしまうことによるハリ・弾力の衰えです。

 

そして、もう一つ原因として筋肉の緊張というものがあります。

 

この回のためしてガッテンではこの筋肉の緊張という原因に着目して、マッサージをすることで緊張した筋肉をリラックスさせ、しわ・たるみ対策を行うというものです。

 

ほうれい線対策の方法の一つとして、表情筋のトレーニングも有名ですが、ある特定の筋肉だけを鍛えることで逆にシワになりやすくなってしまう可能性もあるため、顔全体の筋肉をまんべんなく使うということが大切ということです。

 

マッサージの方法

  1. まずは肩をまわして鎖骨を大きく動かします。
  2. 右手で左の鎖骨に手を当てて手で優しく3回ほどまわします。
  3. 次に首の部分に手を当てて、鎖骨の方に向かって同じように3回まわします。
  4. 次は耳の前と後ろの部分に指を当てて手を動かします。
  5. 最後にゆっくりと耳から首、鎖骨へと手でゆっくりとなで下ろします。

これを反対側も同じようにして行います。

 

これを肩に手を当てて、鎖骨のくぼみまでマッサージをすると肩周辺、背中の肩甲骨の上や髪の生え際から鎖骨へマッサージすることで後頭部周辺のリンパマッサージをすることができます。

(参考:NHKオンライン

 

文章だけでは解りにくいと思うので、実際の動画を参照してみてください。↓↓↓

 

また、マッサージには注意点があります。

 

皮膚を強くこすってしまうと皮膚が伸びてしまい、逆効果となってしまうこともあるので、軽く手を密着させる程度の力加減で行うようにしましょう。

 

顔のリンパ浮腫や血圧・甲状腺の異常がある方は行わないでください。

 

熱ショックたんぱく質

これは特にほうれい線対策として取り上げられていたものではありませんが、このサイトでは熱ショックたんぱく質(ヒートショックプロテイン)を利用したほうれい線・しわ対策も紹介しています。

 

ためしてガッテンでは、免疫力のアップや血管の若返りという内容で紹介されていました。

>>ヒートショックプロテインの詳細はこちら

 

紫外線対策

このサイトでは、ほうれい線と紫外線の関係についてもご紹介していますが、ためしてガッテンでも紫外線が肌のハリや弾力を保つために必要な弾性線維を壊してしまうと紹介されていました。

 

紫外線はしわ・ほうれい線だけでなくシミやくすみなどの原因にもなってしまうため、実年齢よりも上に見られてしまわないようにしっかりと紫外線対策を行うことが重要です。

>>紫外線対策についてはこちら

 

テープを使う方法

ネット上ではテープを使ったほうれい線の消し方が放送されたという情報があるようですが、こちらは過去の放送を見つけることはできませんでした。

 

今回はためしてガッテンで放送されたリンパマッサージによるしわ・たるみ対策についてご紹介しました。

実際にマッサージを見ていると本当にこれだけでいいの?と思ってしまいますが、ほうれい線は顔の筋肉と深い関係があるため、こういったマッサージを継続していくことも大切です。

そして、ほうれい線のもう一つの原因である肌のコラーゲンの減少を防ぐためには、コラーゲン量を増やすための化粧品でスキンケアを行っていくことが重要です。

-ほうれい線のためのマッサージ

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved.