肌の悩み

ほうれい線と黒ずみを改善するには?

更新日:

ほうれい線と黒ずみ

肌の悩みの中でもほうれい線黒ずみはよくある悩みですが、どちらも目立ってしまうため気になってしまいます。

これらの悩みは適切な対処をしないと改善されないどころか悪化してきてしまうこともありますし、ほうれい線のせいで影ができ、そこが黒ずんで見えてしまうこともあります。

ほうれい線や黒ずみのせいで実年齢よりも老けて見られるのは嫌ですよね。

ここでは、そんなほうれい線や黒ずみの原因やスキンケアでの対処法などをご紹介していきます。

ほうれい線と黒ずみの原因は?

それぞれの悩みを解決するためには、まずは原因を知る必要があります。

 

ほうれい線

ほうれい線が深くなってしまう要因としてはいくつか考えられますが、基本的にはほうれい線はしわとは違い、肌のたるみから出てきてしまうものです。

 

ほうれい線改善のためのスキンケアとして最も重要なことは、肌のコラーゲンを増やすことです。

 

肌のコラーゲンを増やすための成分が配合された化粧品を使う事によって肌のハリ・弾力を回復でき、ほうれい線の対策を行うことができます。

 

スキンケア以外では、顔の筋肉を衰えさせないための表情筋トレーニングなどもおすすめです。

 

黒ずみ

一方黒ずみにはいくつかの原因が考えられます。

 

ほうれい線の部分に黒ずみができてしまう場合

ほうれい線やマリオネットラインの部分に黒ずみがでてきてしまうという場合は、たるみによってできた影である可能性があります。一度皮膚を持ち上げてみて黒ずみが消えるようであれば影が原因として考えられます。

 

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは特に小鼻に出てしまうことがよくあり、いちご鼻とも言われています。

 

毛穴の黒ずみの原因としては、毛穴の詰まりやメラニンが考えられます。特に多いのが毛穴の詰まりで、毛穴の皮脂や汚れが空気に酸化されることによって黒ずみができてしまいます。

 

皮脂が多くなる夏やメイクを落とさずに寝てしまうと黒ずみができやすくなってしまうので注意が必要です。

 

鼻がザラザラしていないのに黒ずみができているという場合は、メラニンが原因となっているかもしれません。メラニンが原因の黒ずみの場合、紫外線対策や肌への摩擦をできるだけ減らすといったことが大切です。

ほうれい線と黒ずみを改善するには?

ほうれい線やたるみの影による黒ずみの対策としては、先ほどお話したように、肌のコラーゲンを増やして肌のたるみを改善することが大切です。

 

また、毛穴の黒ずみを改善するためには、丁寧な洗顔でしっかりと汚れを落とす(ただし、ゴシゴシと強くこすってしまうのはNGです)、保湿力の高い化粧品を使ってスキンケアをするといったことが大切です。肌が乾燥してしまうと毛穴も目立ちやすくなってしまったり、ほうれい線も悪化してしまいやすくなります。

まとめ

ほうれい線と黒ずみは目立ちやすく、見た目も老けて見えてしまう原因となります。ほうれい線やたるみによってできる影による黒ずみ対策としては、肌のコラーゲンを増やすためのスキンケアが重要で、毛穴の黒ずみ対策としては、汚れをしっかりと落とすことと、保湿ケアを心がけるようにしていきましょう。

-肌の悩み

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.