ほうれい線のためのエクササイズ

シルク姉さんのほうれい線対策!

更新日:

ほうれい線対策

 

女お笑い芸人として活躍されているシルク姉さんですが、美容番長としても知られていて、ほうれい線対策のためのエクササイズにも定評があります。

そんなシルク姉さんが「金スマ」や「人生が変わる1分間の深イイ話」、「ロンドンハーツ」などのテレビ番組でも紹介していたほうれい線やたるみに効果的なトレーニングがあります。

ここではそのシルクさん一押しのトレーニングのやり方やほうれい線のためのグッズについてご紹介していきます。

シルク姉さんのほうれい線対策

シルク姉さんのほうれい線対策はお金をかけずに行うことができるというメリットもあります。

 

舌を使った体操をして、ほうれい線を内側からアイロンがけするようなイメージです。

 

舌を使ったトレーニング

  1. まずは口を0の形にして鼻の下の上唇の部分で前歯を包み込むような状態で10~30秒キープします。
  2. 口を閉じて、口の中で舌を歯と歯茎の上を通るようにグルッと一周させます。
  3. 左回りと右回りを5回~10回程度行い、ほうれい線を内側から伸ばします。
  4. これを1日3セットほど行います。

 

これはほうれい線対策で有名な舌回し(ベロ回し)体操と似ています。

>>舌回し体操の詳細はこちら(動画あり)

 

この運動で、舌や口輪筋を鍛えることができる効果にプラスして、唾液の分泌も活発になることで、

  • ほうれい線・たるみの予防・改善
  • 目がぱっちりする
  • 滑舌がよくなる
  • 唾液の分泌促進によって若返りホルモンが出る
  • 唾液に含まれるムチンによって虫歯や口臭予防

 

といった効果が期待できます。

 

最初は舌の運動によって舌の付け根が痛くなってしまうこともあるので、慣れるまでは少しずつ行うようにしましょう。

 

ブルドック顔を改善する体操

  1. 顔を0の形にして「おー」と言いながら鼻の下を伸ばします。この時歯が見えないようにするのがポイントです。
  2. 口をそのままの状態にしながら、下まぶたに力を入れて持ち上げます。

 

二重あごのための体操

  1. 顎を上げて上を向きます。
  2. その状態で舌を「べー」と出します。
  3. 舌を出した状態でベロを左右にゆっくりと動かします。
  4. 1分程度左右の動きを繰り返します。

シルク姉さん一押しのほうれい線対策グッズ

スリムマウスピース

 

舌や表情筋の体操はお金がかからないというメリットがありますが、シルク姉さん一押しのほうれい線対策グッズもあります。

 

マウスピース

ほうれい線対策としては表情筋を鍛えるということが重要なポイントの一つですが、そんな表情筋を鍛えるためのグッズとしてマウスピースがあります。

 

マウスピースは口にはめて口の内側から顔の筋肉を鍛えるというもので、バネの強さも「レギュラー」や「ストロング」があります。

 

実はこれシルク姉さんも一押しのグッズで、今は売り切れてしまっていますが、シルク姉さんとコラボして発売された「Newスリムマウスピース ストロング」という商品もありました。

>>マウスピースの詳細はこちら

 

シルクのDVD べっぴん塾

シルクさんといえば、幅広い年代層から支持されているべっぴん塾というイベントを行っていることでも有名ですが、そんなべっぴん塾のDVDがあります。

 

発売日は2011年とかなり古いですが、美顔筋トレやリンパマッサージ、ツボおしなどを映像で学ぶことができます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シルクのDVD べっぴん塾 [ シルク ]
価格:2036円(税込、送料無料) (2016/9/30時点)

まとめ

このように、美容番長であるシルク姉さんのほうれい線対策は、お金もかからず暇な時間を利用して行うことができます。また、グッズを使ったトレーニングも効率的に表情筋を鍛えることができるためおすすめです。

表情筋を衰えさせないためのトレーニングに加えてコラーゲン量を増やすためのスキンケアを行うことによってほうれい線のない若々しい肌を目指していきましょう。

-ほうれい線のためのエクササイズ

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.