ほうれい線予防・改善法

お灸でほうれい線を改善する方法

更新日:

 

ほうれい線にいいとされる方法としては、スキンケアや表情筋の体操などが有名ですが、実は「お灸」も効果的とされています。お灸でツボを温めることによって、冷え性やむくみだけでなく、顔のリフトアップの効果もあるのです。ここではそんなお灸の効果とその方法をご紹介していきたいと思います。

 

269841

 

お灸の効果

お灸の正体は、ハーブの女王とも言われるよもぎで、日本では江戸時代から健康法として使われています。お灸でじんわり温めることによって、血行が促進されることによって、からだのめぐりが良くなり、代謝がよくなり免疫力アップや冷え性改善の効果があります。

 

ほうれい線への効果

さらに、血行が良くなることで、むくみが改善されたり、老廃物が排出されやすくなるので顔のたるみも改善されることで、結果としてほうれい線を目立たなくすることができるのです。

 

お灸といったら、熱くて辛いものというイメージがある方も多いと思いすが、実際はじんわりと温める程度で大丈夫なので、続けやすいと思います。

お灸のやり方

まずはツボを探すことから始まります。ツボはたくさんありますが、その中でもむくみ解消やリフトアップに効果があるものもあります。押してみて、イタ気持ちいいと感じるところを探すのがポイントです。同じツボは1日1回までとして、まだ慣れていない場合は3箇所以内のつぼから始めてみましょう。

 

おすすめのお灸は?

お灸には種類もたくさんあり、用途やお好みに合わせて選ぶのがいいですが、初心者用としては熱すぎることがない「せんねん灸」などがおすすめです。他にも煙のでないものや香りつきのものなどもあるので、好みに合わせて選ぶのもいいでしょう。

火を使わないタイプなどもありますが、基本的には灰が落ちるので、灰皿やタオルなどを用意しておきましょう。

 

また、自分でやるのは自信がないという場合は、プロにやってもらうというのもいいと思います。

お灸の注意点

  • お灸は熱いのをがまんしてまで続けないで、熱いと感じたらとるようにしましょう。火傷のおそれもあります。
  • 子供には使用せず、妊娠中の方はできるだけ自己判断で行わないようにしましょう。
  • 顔にはお灸をしないようにしましょう。
  • お酒を飲んだときや熱があるときはNGです。
  • 病気がある場合は、事前に医師に相談するようにしましょう。

まとめ

以上がほうれい線へのお灸の効果となります。自分でお灸をやるのは最初は抵抗を感じてしまうというケースも多いと思いま。好き嫌いや個人差はありますが、最近では女性のあいだでも人気が高く、たるみやほうれい線だけでなく、冷え性や肩こりにもいいので、一度試してみる価値はあると思います。

 

-ほうれい線予防・改善法

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.