ほうれい線予防・改善法

ほうれい線ケアは保湿が大切!

更新日:

保湿

 

ほうれい線の対策としては、表情筋のトレーニングや紫外線対策などがありますが、実は保湿することもとても重要です。

肌の水分が減ってしまうと、シワやほうれい線が目立ってしまい、実年齢よりも老けて見られてしまうだけでなく、大人ニキビなど様々なトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

まずは、保湿のためのスキンケアを行い、健康的な肌を目指していきましょう。

ほうれい線ケアは保湿が大事!

ほうれい線にはいくつかの原因が考えられますが、そのうちの一つに乾燥があります。

 

肌の水分量が減ってしまうと、肌のハリ不足になり、たるみができてしまうためほうれい線が目立つようになってきてしまいます。

 

年齢とともに肌の水分量は減少してしまうと言われていますが、若い人でも乾燥肌の場合は注意が必要です。

 

また、肌の保湿を怠っていると、肌のバリア機能が低下してしまうため紫外線などの刺激を受けやすくなってしまうこともほうれい線を深くしてしまう原因となります。

 

ほうれい線を予防し、健康的な肌を目指すためにはやはり保湿は欠かせないのです。

保湿するには

ほうれい線や目元のシワが深くなってしまわないようにするためにも、日頃から保湿を意識することが大切です。

スキンケア以外でも、

  • 顔を洗いすぎたり、洗顔やクレンジングの際にこすりすぎないように注意する
  • お風呂・洗顔のあとはすぐに化粧品で保湿をする
  • シートマスクは長時間つけすぎないようにする

といったことを意識しましょう。

 

保湿ケアは1年中必要で、ベタつきがきになる季節でもエアコンが原因で肌の乾燥が進んでしまうこともあるので注意が必要です。

 

ラップを使ったパックやマスクをして保湿効果をアップする方法を取り入れてみるのもいいでしょう。

 

保湿のためのスキンケア

保湿ケアをするためには、単純に水分をたっぷり補ったり、油分の多いクリームで肌にフタをするだけでは肌の水分量をアップすることはできません。

 

保湿に適した成分を含んでいる化粧品を継続して使っていくことが大切です。

 

保湿成分として代表的なものとしては、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどがあります。

 

特に、細胞間脂質の主成分でもあるセラミドは角質層に水分を保つために必要な成分なので、セラミドが含まれている化粧品を使うことをおすすめします。

 

おすすめ化粧品

これらのことを踏まえて、ほうれい線ケアとしては、「アヤナス」という化粧品がおすすめです。

 

アヤナスには、一般的なセラミドの1/20のサイズであるセラミドナノスフィアというものが使われているため、浸透力も圧倒的に高く、しっかりと肌にうるおい成分を届けることができます。

 

さらに、コラーゲンの生成をサポートするためのCVアルギネートも配合しているため、ほうれい線対策としてはピッタリの化粧品です。

>>アヤナスの詳細はこちら

まとめ

浅いほうれい線ができてしまうのは、乾燥が原因であることがよくあります。特に口元は乾燥しやすい部分でもあるため、保湿ケアは欠かせません。

ほうれい線を予防・改善していくためにも、日頃から肌が乾燥してしまわないように注意し、適切な化粧品でのケアを継続して行っていくことが大切です。

-ほうれい線予防・改善法

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved.