ほうれい線予防・改善法

生理前にほうれい線が目立ってしまうときの原因と対処法

更新日:

 

女性の中にはなぜか生理前になるとほうれい線が目立ってしまうということがよくあります。ホルモンバランスの変化が原因で肌の調子が変わることはよく知られていますが、なぜほうれい線が気になるようになってしまうのでしょうか?それにはちゃんと理由があります。今回は、その原因と対策についてご紹介します。

 

105773

 

なぜ生理前にほうれい線が?

顔のたるみ

女性は生理周期にともない、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の女性ホルモンのバランスが変化します。すごく簡単に言ってしまえば、卵胞ホルモンが肌をキレイにしてくれるホルモン、黄体ホルモンが肌の調子を悪くしてしまうホルモンです。生理前には、この黄体ホルモンが多く分泌されるため、シミやニキビなど肌のトラブルが多くなり、逆に生理後は肌の調子が良くなるのです。実は女性ホルモンはコラーゲンの生成とも関係しているので、顔のたるみが目立ってしまい、ほうれい線などのシワの原因にもなるのです。

 

むくみやすい

また、生理前はむくみやすい時期でもあります。黄体期には水分や栄養を排出せずに体の中にたくわえようとするため顔もむくみやすいのです。これもほうれい線と関係しています。

対策

ホルモンバランスを整える

この時期はイライラしたり精神的にもストレスが溜まる時期ですよね。なので、ストレスがたまらないようにして、自分なりの方法で解消してホルモンバランスを整えましょう。

  • 半身浴をする
  • 適度な運動をする
  • 体が冷えないようにする
  • ストレッチで血行をよくする
  • 岩盤浴で老廃物を排出

などしてあげるといいでしょう。

食生活

女性ホルモン(卵胞ホルモン)に似た働きをしてくれるのが大豆イソフラボンです。豆乳・納豆・豆腐などの大豆製品を摂ることで少しはホルモンバランスの乱れを改善することができます。また、むくみを予防するためには適度な水分をとって、塩分やカフェインなどの刺激物は控えるようにしましょう。

※ただし、大豆イソフラボンは摂取しすぎると逆にホルモンバランスを崩してしまうため、適度に摂りましょう。

まとめ

生理前は女性特有の美の悩みが押し寄せてくる時期でもあります。顔がたるみやすかったりむくみやすかったりすることでほうれい線は目立ちやすくなってしまいます。これは仕方のないことなので予防を心がけて、正しいスキンケアを毎日することで、ほうれい線レス肌を目指していきましょう。

 

 

-ほうれい線予防・改善法

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.