アヤナス

アヤナスを使うべき年齢層は?

更新日:

 

敏感肌だと見た目よりも11歳も老けて見えてしまうということに着眼し、敏感肌でもエイジングケアができる化粧品「アヤナス」が開発されました。アンチエイジングというと30代、40代以上の年齢層に向けた化粧品というイメージがありますが、お肌の曲がり角は25歳とよく言いわれるように、20代からエイジングケアは行ったほうがいいんです。

 

ay_00039

30代~40代以上の年代

エイジングケア用の化粧品を使う人は30代以上の年齢層の人が多く、おそらくアヤナスの愛用者も30代、40代の人が最も多いと思われます。

 

この年代になると昔よりもシミやしわ、ほうれい線など肌の悩みが多くなってきたと感じる人も少なくありません。これは、年齢とともに肌のセラミドや皮脂量、角質層の水分量が減ってしまうので、仕方のないことではあります。さらに、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量も減少することも関係しています。

 

30代以上のアヤナス

そこで大切になるのが、普段から減ってしまったコラーゲンを増やすことと、セラミド配合の化粧品で肌を保湿してあげることが重要となってきます。そこで、攻めのスキンケアとしてアヤナスのような化粧品が適しています。

さらに攻めのスキンケアとして、ピーリングやレチノールを取り入れてみるのもいいでしょう。

20代の肌にも

エイジングケアは30代、40代、50代の年代だけではありません。今は20代からでもエイジングケアを行う時代です。肌はなにも30代から老化が始まるわけではありません。スピードに個人差はありますが、赤ちゃんとして産まれてから今までずっと老化は進行しているのです。

 

特に、紫外線を浴びる機会が多かった人や、若い時からメイクによって肌に負担をかけてきたという人は特にケアが必要になります。一般的に、25歳以降から肌のターンオーバーがスローダウンすると言われています。

 

20代のからのアヤナス

20代のケアとしてはとにかく、肌のバリア機能を壊さないようにすることが大切です。アヤナスはセラミドで保湿できるだけでなく、特許を取得したバリア機能を高めるための成分も含まれているので、バリア機能の低下によるしみやほうれい線などの悩みを予防することができるのです。

 

ということで、30代、40代以上はコラーゲンを増やして今よりも若く見られるために、20代はバリア機能の破壊を防ぎ、数年後にしみやしわ、ほうれい線などで悩まないためにケアを行っていく必要があり、どの年齢層でもアヤナスを使う価値はあるのです。

>>アヤナスのトライアルセットの詳細はこちら

 

もちろん、化粧品に頼りっきりもNGで、老化の要因はメイクを落とさない、間違った洗顔を行う、紫外線、ストレスなど色々なファクターがあるので、生活習慣や食生活も馬鹿にできません。

 

-アヤナス

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved.