アヤナス

妊娠中でもアヤナスは使える??

更新日:

 

妊娠すると色々な肌の悩みにぶつかってしまうことはよくある話です。妊娠中の肌の悩みは、ホルモンバランスの変化などが原因で、仕方のないことではありますが、だからといって肌が荒れてしまったり、老け顔になってしまうのは嫌ですよね。そこで、妊娠中の敏感肌にもピッタリな化粧品として「アヤナス」があります。

 

171604

 

妊娠中の肌のトラブル

妊娠中に肌が荒れるのはなぜ?

妊娠中に肌が敏感になったり、荒れてしまう原因はいくつかあり、便秘になりやすくなったり、偏食、ストレス、睡眠不足などがありますが、主な原因はホルモンバランスの変化です。女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンが多く分泌されることで、肌のバリア機能が下がってしまいます。

 

その結果、肌の乾燥、シミ、しわ、ほうれい線、ニキビなど肌の悩みが増えてきてしまうのです。ホルモンバランスの変化によって、肌以外にも体毛が濃くなるなどの変化もありえます。

 

妊娠中のスキンケア

妊娠中のスキンケアとして大切なことは、しっかりと保湿をして肌のバリア機能を高めてあげることと、アヤナスのような刺激の少ない化粧品を選ぶということです。妊娠中は肌が敏感になっているため、今まで使っていた化粧品でもピリピリしたりして合わないと感じるようになることもあります。

 

また、妊娠中に使うべきではない成分を含んでいるスキンケア用品などもあるので、使用する前に慎重にチェックする必要があります。例えば、トレチノインなど胎児に影響がある成分が入っているものはNGです。

他にも紫外線対策も大切です。

妊娠中でも使えるアヤナス

もともと敏感肌専門ブランドのディセンシアによって開発されたアヤナスはアルコール・香料・紫外線吸収剤不使用で、妊娠初期のデリケートな肌にも安心して使うことができます。実際にディセンシアに問合わせてみたところ、妊娠に影響のある成分はなく、妊娠中でも使用は可能とのことでした。

 

バリア機能アップ+アンチエイジング

アヤナスにはセラミドなどの保湿成分や特許を取得したバリア効果によって妊娠中の肌のバリア機能をサポートしてくれます。さらに、エイジングケアの効果もある化粧品なので、妊娠による枯肌を防いで肌を若々しく保つことができます。

 

デメリットは?

デメリットを強いて挙げるとすれば、ニオイです。もちろん成分として妊娠に影響のあるものは含まれていませんが、妊娠中はエストロゲンの分泌によって匂いに敏感になり、今まで気にならなかった匂いが気になってしまうということがあります。

 

アヤナスには天然植物の香り成分が含まれているため、個人的に匂いは全く気になりませんでしたが、苦手と感じてしまう可能性もあります。

 

以上が妊娠中のスキンケアにも使えるアヤナスとなります。妊娠中はとにかく肌が敏感になっているので、刺激が少なく、バリア機能をアップしてくれるようなスキンケアを意識して行っていきましょう。ただ、匂いの好みは分かれると思うので、まずはトライアルセットから試してみることをオススメします。

>>アヤナスのトライアルセットについてはこちら

 

-アヤナス

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.