ほうれい線Q&A

えくぼがあるとほうれい線が目立つ!?

更新日:

 

ほうれい線は基本的に肌の老化や表情筋の衰えが原因で目立ってきてしまいます。ただし、骨格によってもともとほうれい線ができやすい遺伝的な要素というものもあります。

頬骨や丸顔、歯並びなど要因はいくつかありますが、「えくぼ」がほうれい線とつながってより老けて見えてしまうということがあります。笑うとえくぼができるという方は、ほうれい線対策をしっかりと行っていく必要があります。

 

cd06c52e0557658e0d7ec742e54ed55d_s

 

えくぼとほうれい線

えくぼはチャームポイントとされ、カワイイという印象からえくぼを作るための顔のトレーニングやえくぼをつくるための美容整形まであるほどです。

それに対し、ほうれい線は老け顔という印象があり、ほうれい線が改善されるだけでかなり若返って見えます。

 

そんなえくぼとほうれい線が年齢を重ねるとつながって、えくぼがほうれい線の一部になってしまうことがあります。そうするとほうれい線は深く見え、目立ってしまいます。

 

えくぼとつながったほうれい線を改善するには?

この深く見えてしまうほうれい線を改善するには、美容整形が思い浮かぶかもしれません。ほうれい線をけすことができればもともとのえくぼが戻ってくる可能性もあります。美容整形はいろいろな方法があり、ヒアルロン注射など即効性はありますが、高額なことや効果が一時的などのデメリットもあります。

 

ほうれい線のセルフケア

ほうれい線をセルフケアするには、表情筋が衰えないように顔の筋肉のトレーニングをしたり、肌のハリを回復するために、皮膚のコラーゲンの生成をサポートするためのスキンケアを行っていくことが大切です。

まとめ

以上がえくぼとほうれい線の関係となります。もともとほうれい線のできやすい遺伝的な要因がある場合こそ、しっかりとした表情筋のトレーニングやスキンケアなどの対策を行っていくことが大切です。

できるだけ早めの対策とそれを継続していくことで、ほうれい線の目立たない若々しい見た目に変身していきましょう。

 

-ほうれい線Q&A

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved.