ほうれい線の原因

ほうれい線は骨盤の歪みから?股関節のストレッチで解消

更新日:

 

ほうれい線の対策をしっかりと行うためには、お肌のケアだけでなく、体のケアも行っていくことが大切です。このサイトでも、ほうれい線対策のための僧帽筋や太ももなどのトレーニングをご紹介してきました。今回は骨盤の歪みとほうれい線の関係についてご紹介します。股関節をストレッチすることでほうれい線を改善していきましょう。

 

58886b4ecc2afcf1985cd7141564447d_s

 

ほうれい線と骨盤、股関節の関係

ほうれい線と骨盤股関節が関係しているというのは意外ですよね。まずは、骨盤、股関節とほうれい線の関係と、股関節を鍛えることで得られるメリットについてご説明していきます。

 

骨盤の歪みからくるほうれい線

まず、ほうれい線が深くなってしまう原因の一つに、骨格の歪みがあります。特に年齢を重ねると骨盤が歪んできてしまい、その結果、背骨、頭蓋骨、頬骨と伝わり、顔が歪んでいしまい、左右で深さが違うほうれい線ができてしまうことがあります。

 

血流が悪く

さらに、骨盤など骨格が歪んでしまうと、血流が悪くなってしまうことも考えられます。骨盤が歪んでいると、血行が悪くなり代謝が下がってしまうことで老廃物がたまりやすく、顔がたるんでしまうことでほうれい線が深くなってしまいます。

対処法

日常生活で意識すること

このような骨盤の歪みは年齢のせいだけではありません。日常生活の癖や出産によって歪んでしまうこともあります。普段生活している時に、片方の歯だけで噛んでいたり、姿勢が悪かったりと左右対称に体を使わないことで歪んでしまう原因となるので、普段から左右対称を意識することが大切です。

 

股関節のストレッチ

まず、対処法として股関節のストレッチがあります。リンパが集中している股関節や顔のたるみと関係している大腰筋を鍛えることによって、骨盤の歪みを改善することができるだけでなく、全身の代謝を上げることができ、むくみや冷え性を改善する効果も期待できます。

 

骨盤矯正の方法はたくさんあります。水中でのストレッチやヨガなどを本格的にやるのもいいですが、ここでは自宅でも簡単にできる方法をご紹介します。

 

  • まずはうつ伏せの体勢になります。
  • 両足を曲げて左右に倒したり、外側・内側に倒したりします。
  • 足を片方だけ曲げてグルグルと円を描くように回します。
  • 反対側の足も同じように回します。

 

言葉だけではわかりにくいので動画を参考にしてみてください。

 

 

骨盤矯正

最も手っ取り早いのは、骨盤矯正の専門店で矯正してもらうという方法です。実際に骨盤矯正をすることで、表情筋の凝りをほぐすことができたり、顔の骨格の歪みも改善され、何回か通うことでほうれい線が目立たなくなったという例もあります。

 

0d2c2cdcd3a3a5dd5f581fea4b85c28e_s

 

もちろん女性だけでなく男性でも有効な方法で、お金はかかりますが、骨盤矯正を行っている整体院やカイロプラクティックのプロに任せるという方法はオススメです。

まとめ

以上が骨盤や股関節とほうれい線の関係となります。ほうれい線の対策というとスキンケアや顔の筋肉のトレーニングばかりに気を取られがちですが、体の骨格を歪ませないということも重要で、スキンケアや表情筋トレーニングに加えて意識していくようにしましょう。

>>ほうれい線に効果的なスキンケアについてはこちら

 

-ほうれい線の原因

Copyright© ほうれい線対策ガイドブック , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.